c0141933_225491909243702_62


Stereo2012年1月号(\2800)の特別付録オリジナル・デジタル・アンプ LXA-OT1(左)
Stereo2013年1月号(\2800)の特別付録ヘッドフォンアンプ付き USB-DAC LXA-OT2(右)


完全に遅れをとりました。先々週ぐらいまで知りませんでした。
デジタルアンプは、昨年あたりから興味はあったのですが。。。

しかし、ビックリです。
雑誌の付録にLUXMAN(音楽之友社との共同企画ではありますが)のデジタルアンプがついてくるとは。
それも2,800円という安さで。
LUXMANはオーディオメーカのアンプ部門では、私が一番好きなメーカー。
だから余計に驚きと、聴いてみたいと。

かろうじて、Stereo2013年1月号はバックナンバーがありました。
しかし流石にStereo2012年1月号は完全に売り切れで在庫なし。
オークションで探してなんとか購入。
定価の倍しました(笑)

そして本日 
パソコン(iTunes)・USBケーブル→LXA-OT2・RCAケーブル→LXA-OT1・スピーカケーブル・→216Pro(JBL)
で繋いで聴いてみました。

iTunesには3447曲入ってます(笑)
最初は低域が伸びず、高域が目立った感じがしましたが約2時間、再生し続けた所、明らかに低域が出てきました。
この値段で、これだけの音が出せるって、ほんと驚きです。

ネットではさらにパワーアップさせる為の改造の記事が沢山ありました。
評価の善し悪しもいろいろありますが、好みの問題なので気にせず。

確かに現状では、5W+5Wの出力しかないので
パソコンの音量を100%にして、アンプのボリュームも80%ぐらい。
パワー不足は感じますが。
せめて倍の10W+10Wぐらいまでにしたいかな?と思っております。
久しぶりに楽しみが増えました~(笑)